所沢市の歯科、あおだ歯科クリニックの診療内容|自分に合う入れ歯がほしい

診療内容

歯を失ってしまった

あなたは失った歯を諦めてそのままにしていませんか?
そのままにしておくと歯並びが悪くなったり、不正咬合の原因にもなります。

現在、おもな補綴治療としては「入れ歯」「ブリッジ」、そして「インプラント」があります。 いずれかの方法で失った歯を取り戻しましょう。

歯を失うとうまくものを咬めなくなる、きちんとした発音ができなくなるなどのほか、つぎのようなリスクがともないます。
歯を失うリスク

補綴治療の比較

補綴治療の比較表

自分に合う入れ歯がほしい

虫歯や歯周病、または思わぬ事故で歯を失うことがあります。失った歯は補う必要があり、その治療法(補綴治療)の一つとして、もっともポピュラーな方法が入れ歯です。
入れ歯には一部の歯を失った場合に用いる「部分入れ歯」と、すべての歯を失った場合に用いる「総入れ歯」があります。
部分入れ歯
数本単位の入れ歯で、残存歯に金属のばねを掛けて固定します。
部分入れ歯
総入れ歯
すべての歯を補うための入れ歯です。上顎に当たる部分を「床」といい、 床の素材をどういうものにするかによって装着感が違います。
総入れ歯

保険と自費の違い

入れ歯には、保険が適用される保険治療の入れ歯と保険が適用されない自費治療の入れ歯があります。保険治療の入れ歯は素材が選べず、すべてレジンでできた入れ歯になります。一方、自費治療の入れ歯は素材に制限がなく種類も豊富で、審美性・機能性が高い入れ歯になります。
比較表
当院では患者さんのニーズに合った入れ歯をご提供いたします。今の入れ歯にトラブルがある方も、よりよいものにつくり替えられる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

当院では、精密な検査をしっかり行い、患者さんに快適に使っていただける入れ歯製作に努めております。入れ歯には、総入れ歯・部分入れ歯を含め、様々な種類があります。
また、保険診療の場合、レジン(プラスチック)で製作しなければなりませんが、自費診療で製作される入れ歯の場合、材料や仕様に制限がないため、快適で機能性に優れた入れ歯が製作できます。

レジン床義歯

総合的な診断をするためさらに詳しい検査をしていきます。お口やお顔の写真、レントゲン、模型を作るための歯型をとります。

レジン床

金属床義歯

歯ぐきにあたる部分が金属でできている入れ歯。薄く作ることができ るため、違和感が少なく軽量です。熱をしっかり通すため、食べ物の 熱を感じられて料理を美味しく味わえます。

金属床

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使わない目立たない入れ歯です。 あごの骨の凹凸に弾力性のある樹脂を被せて固定させます。
審美性に優れ、従来の入れ歯に比べて薄い仕上がりで、装着時の違和感を感じにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

  • 当院の治療の流れ
  • 問診票ダウンロード
  • ハピネスクラブ
  • スマイルクラブ
  • イベント
  • 患者さんの声
  • ブログ
  • FACEBOOK
  • Instagram
  • 粟生田歯科医院
  • AED設置施設
診療内容 歯が痛い・しみる 歯周病や口臭が気になる 健康な歯でいたい 子供の治療について 歯並びをよくしたい 歯を失ってしまった 自分に合う入れ歯がほしい 歯を白くしたい 歯ぎしりが気になる 妊娠中・授乳中の治療について 親知らずが痛い マウスガードを作りたい 歯医者が怖い デンタルエステ いびきが気になる 口が渇く・舌が痛い 虫歯リスク検査 全身疾患と歯科治療