所沢市の歯科、あおだ歯科クリニックの診療内容|歯周病が気になる

診療内容

歯周病が気になる

歯を失う原因の第1位は歯周病です

「歯周病」とは、歯の表面に付着した「歯垢(プラーク)」の中にいる「歯周病菌」が歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや骨など)に炎症をもたらす感染症です。歯肉炎や歯周炎・歯槽膿漏などを総称して「歯周病」といいます。
健康な歯周組織

歯垢(プラーク)
歯と歯肉の間にたまる乳白色で粘性のある細菌のかたまりです。歯垢1mg中に1~2億ほどの細菌がいるといわれており、糖分を栄養として増殖します。


歯石
歯に長時間付着した歯垢が、唾液中のカルシウムと混ざって石灰化したものです。表面に凹凸がある為、細菌や歯垢が更にたまりやすくなります。


歯周ポケット
歯垢の侵入により、歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の深さが4mm以上になってしまった状態をいいます。
歯周病にかかってしまうと歯ぐきに炎症が起こり、歯磨きのときに出血しやすくなります。症状が進行すると顎の骨(歯槽骨)が溶け、歯がグラグラしはじめ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうこともあります。しかし、痛みがほとんどないため重度になるまで放置してしまう方も少なくありません。

ほとんどの方は「歯医者は、歯が痛くなったら行くところ」という概念を持っているため、自覚症状があらわれてから治療にいらっしゃいます。しかし、歯周病は自覚症状が出る頃にはすでにかなり症状が進んでいる場合がほとんどです。歯周病は、早期発見が非常に難しい病気なのです。

こんな症状があったら要注意

症状一覧

歯周病の主な症状

歯肉炎
 
歯肉に付着したプラークにより歯肉が炎症を起こす症状です。この症状は歯周病の中でも軽い状態ですので、この段階で治療をしていきましょう。
 
歯周炎
 
歯肉からの出血にはじまり、進行するにしたがい歯肉が腫れ、膿が出たりします。
そのままにしておくと歯を支えている骨が少なくなり、歯がぐらついたり、抜けたりします。早期発見を心がけ、しっかりと治療をしていきましょう。

歯肉炎

歯肉炎

歯の周りに歯垢(プラーク)がつくことで、歯肉に炎症が起こり、
歯ぐきが腫れるようになります。

矢印

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けはじめま
す。歯を磨くと出血もし、冷たいものがしみるようになります。

          

矢印

中度歯周炎

中度歯周炎

歯槽骨がさらに溶け、歯がうくような感じがしたり、ひどくなると歯がグラついてきます。また、膿(うみ)や口臭も気になりはじめます。

矢印

重度歯周炎

重度歯周炎

歯がグラグラし、やがて抜けてしまいます。口臭はいっそう強くなります。また、歯ぐきは真っ赤、あるいは紫色に変色します。

口臭が気になる

口臭の原因の8割が歯周病によるものが多いため、クリーニングや歯ブラシの指導でかなり改善します。
あおだ歯科クリニックでは、患者さんごとに口臭の原因をさぐり、口臭を予防できるようアドバイスを行いますので、お気軽にご相談ください。

口臭の種類と原因

1. 生理的口臭(健康な人にも生じる)
  • 朝起きた時、空腹時、緊張時など誰にでもあるもの
  • 月経時
  • 加齢による老人性口臭
  • 喫煙者による喫煙口臭
2. 病的口臭
  • 歯周病
    口臭に悩む約8割に見られる病気です。歯の表面や歯と歯肉の間に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまって、歯茎に炎症が起こると細菌だけでなくタンパク質を多く含む血液や膿などが増えて口臭を引き起こします。
  • 舌苔の汚れ
    舌の表面に付く白っぽい苔状のもののこと。歯垢とほぼ同じ成分で口臭の原因となります。
  • 唾液分泌低下、ドライマウス
  • 鼻や喉、胃の病気、糖尿病や便秘など
  • 虫歯や入れ歯によるにおい
3. 精神的な病気(自臭症)
  • たまたま、口臭のあるときにだれかに指摘されたことが原因で、深く悩んでしまうのが、心因性の口臭。

口臭を予防するために

虫歯や歯周病がある場合
歯石や歯垢の除去、虫歯の治療、4ヶ月に一度の定期的なクリーニングで口臭を予防しましょう。
正しいブラッシング
歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやフロスを併用し、正しいブラッシングを習いましょう。
入れ歯をお使いの場合
適切な清掃を行いましょう。清掃剤を使うとより効果的です。
舌苔(舌の表面の汚れ)の清掃
歯や歯肉だけでなく、舌ブラシなどで舌の掃除もしましょう。
  • 当院の治療の流れ
  • 問診票ダウンロード
  • ハピネスクラブ
  • スマイルクラブ
  • イベント
  • 患者さんの声
  • ブログ
  • FACEBOOK
  • 粟生田歯科医院
  • AED設置施設
[an error occurred while processing this directive]